看護の仕事で感じるプレッシャー

看護師は人の健康や生命に関わるような責任の重い仕事なので、プレッシャーを感じる事がしばしばあります。最初の新人研修の時に看護師の先輩から指導を受けたり注意されると、仕事を早く覚えなければと言う焦りやプレッシャーを感じてしまうでしょう。毎日医療現場で学んだり、知識を身に着ける事で職場に慣れてくるのですが、新しい部署への異動や今までにないスキルを身に着けなくてはいけない時に焦りなどを感じてしまいます。仕事の段取りが違ったり環境が変わったりした場合には、自分の思い通りに処置ができるようになったり環境に馴染んだりできるまで少し我慢する事が必要です。また、職場のチームのリーダーや責任のある立場になると、どうやってリーダーシップをとれば良いのかと今までとは違うプレッシャーを感じる人が多いでしょう。
プレッシャーは、その都度乗り越えていかなければならない壁のようなものです。新人看護師の場合は先輩や同期の看護師とコミュニケーションを取り、悩みを相談したり励まし合ったりする事でその壁を乗り越える事ができます。プライベートの時間でも仕事の事ばかり考えていると職場での動きが悪くなるので、オンオフの切り替えをきちんと行い、休日は思いっきりリフレッシュするのが良いでしょう。ある程度キャリアがある看護師の場合は、今まで培ってきた経験と知識やスキルなどを生かしながら、新人の頃のような素直な気持ちで新しい仕事を吸収しようとする姿勢を取る事で業務をスムーズに行えるようになります。